Uncategorized

出血の怖さ

更新日:

歯周ポケットから出血をした際に、歯から血が出て、大いに焦ってしまう人は多いかもしれません。ただ、歯周ポケットから出血をしたこと自体は、大事ではなく悪いことでもありません。汚れと一緒に血が紛れているというケースの方が実は多く、十分に歯周ポケットにブラッシングをした先の歯ブラシの先端が届いている、何よりの証拠であるとも言えてしまうわけです。

炎症を起こした部分に触れてしまったために、出血したのか、それとも汚れと一緒にくっついていた血が出てきただけなのかどうかということは自分自身では判断をすることは難しいものです。歯を磨くたびに出血するようになってしまったとか数日出血が止まらなくなってしまったなどという場合を除けば、そのまま放置しておいてもまず問題はないと言えると思います。

よくあるケースとしては、歯を使う本来の目的である食べ物を食べた際に、硬いものなどが引っかかって傷がついてしまいその部分を歯ブラシで擦ったために出血を起こしてしまうというケースがあるそうです。このような場合などは、数日放っておけば完治するということもありますから、臨機応変に対応したいものです。

歯周ポケットを磨くことのメリットとして挙げられるのは、口の中の臭いを軽減することができるという点です。臭いの元となる部分を消す何よりも手っ取り早い方法は、歯周ポケットを毎日しっかりとケアをすることだと考えています。歯周ポケットをケアしておくことでゴミがたまりにくくなるため綺麗で健康な歯が手に入るはずです。また、なかなか臭いが取りにくい場合には、ブラッシングが一部うまくいってないことを考えなければなりません。

-Uncategorized

Copyright© お子様の大切な歯を守りたい保護者のための歯ブラシ通販サイトまとめ , 2019 All Rights Reserved.