Uncategorized

歯ブラシの規格

更新日:

歯ブラシは現代生活において歯磨剤とともに、なくてはならない生活必需品になっています。店頭では、色、形など様々な形態のものが販売されていますが、一つずつ個別包装されており、直接手で触ってみることは不可能です。そのため、どの商品を購入するかを決めるには、外観と包装に書かれている情報を元に推測するしかないのが現状です。
現在の歯ブラシは、日本工業規格(JIS)、家庭用品品質表示法、国際標準化機構(ISO)の3つの規格に基づいて製造されています。
日本工業規格(JIS)では、使用者の目的、年齢、性別、ブラッシング法などを考慮し、歯ブラシの形、大きさ、色、材質などが歯ブラシを企画、製造する場合の基準として定められています。規格に合格した商品にはJISマークが記されますが、日本で製造されている歯ブラシは精度が高いため、あえてこのJISマークをつけていないほどです。
歯ブラシの品質は、家庭用品品質表示法で規定され、基準となる測定法に基づいた柄や毛の材質、毛の硬さ、耐熱温度などを歯ブラシの包装箱の外側などに表示することを義務付けています。これは一般消費者の利益保護のためで、商品を購入する際に、その品質を知り目安とすることを可能にしています。
国際標準化機構(ISO)は「工業規格の国際的統一を促進する」ことを目的として設立された国際機関です。口腔衛生用品についても扱っており、植毛の強度、疲労耐久性、科学的耐久性などの試験方法を規定しています。しかし、歯ブラシの硬さの感覚は、国によって異なっているのでJIS規格とは整合されていません。発行されたISO規格は、5年ごとに見直しが行われることになっています。

-Uncategorized

Copyright© お子様の大切な歯を守りたい保護者のための歯ブラシ通販サイトまとめ , 2019 All Rights Reserved.