Uncategorized

高齢者の「誤嚥」ケアについて

更新日:

高齢者の死亡原因として「肺炎」は、上位にあげられておりますが、高齢者の肺炎の7割ほどは「誤嚥(ごえん)」が原因とされているようです。「誤嚥」とは、皆さんがお食事の際に食べ物や水分を飲み込む際に、誤って気管に入り込んでしまうことを言います。元気な方です咳き込んだりむせたりすることで、誤って気管に入り込んだ食べ物や水分を取り出すことができますが、年齢とともに飲み込む力や筋力が弱まってきますと、気管に入り込んでしまった食べ物や飲み物をきちんと排出することが困難になってしまう傾向がみられます。気管に入り込んだものを外に排出する反応を「咳反射」などというようです。皆さんにも、お食事の際に、急に咳き込んだり、むせてしまわれたご経験があるのではないでしょうか。高齢者の多くは、この「咳反射」が衰えてしまうとともに、飲み込む力、咀嚼する力、唾液の分泌などが減少する事などが「誤嚥」の大きな要因として考えられております。「誤嚥性肺炎」の予防対策として、ご自宅や専門の歯科医の指導のもとに定期的な口腔ケアが行われることが望ましいとされておりますが、高齢者は年齢とともに認知機能の低下などもみられ、自分自身の筋力、咀嚼力の低下にも気づきにくいものですので、ご家族など周囲の方々からの見守りが介護の現場では重要な役割を果たしているようです。

-Uncategorized

Copyright© お子様の大切な歯を守りたい保護者のための歯ブラシ通販サイトまとめ , 2021 All Rights Reserved.