Uncategorized

安くても大丈夫?

更新日:

近年SNSの広告などで「格安で矯正治療ができますよ」と謳うものも見かけるのですが、あからさまに安いのは少し心配ですね。安全性・金銭面などをキチンと下調べして本当に大丈夫なのかを判断してもらいたく思います。また、一部を除いて保険適用外になると前述しましたが、歯医師から「下顎前突」と診断した際の外科的手術は保険適用となります。特例として、口蓋裂の時の歯列矯正も保険が使えます。治療費は納税時に申告すればその一部が医療費控除として還付されます。多少手間かもしれませんが、少しでも無駄にしたくないという方はぜひ。税務署によっては、子どもの矯正治療は医療費と認めても、大人の場合には「身体を美化する手段」であるとして否認する事も有るようなのです。しかしながら、成人の矯正治療も十分に医学的必要性のある物です。必ずしも美化のみを目的として歯科矯正を行うわけではありませんから。すごすごと引き下がらず、医療費として認められるように頑張ってみても良いと思います。歯科医から医療上の必要性が記載された診断書を添えるという方法もありますので、かかった歯科医院に相談してみても良いでしょう。とはいえ、料金の相場はあれど、実際の料金は実際のところマチマチです。個人歯科院も多いですから。ただ、地方の方が安い傾向にあるようにお見受けします。開業医の料金は「近くの大学病院の料金が目途」とも言われます。

-Uncategorized

Copyright© お子様の大切な歯を守りたい保護者のための歯ブラシ通販サイトまとめ , 2020 All Rights Reserved.