Uncategorized

30代、40代のデンタルケア

投稿日:

皆さんが、考え事をしたり、スポーツをしたりする日常生活の中で、無意識に「歯」をくいしばったり、「噛む」というような動作を行っている事はご存知でしょうか?高齢者が、何も段差や突起物がない状況で、転倒する事が多いのは、「咀嚼」が弱くなるからだと考えるスポーツ歯科医の研究者などもいるようです。「噛む」という事は、食べ物や飲み物を飲食する以外にも、私達の日常生活の中で、大変重要な働きをしてくれているようです。若い世代の時期には、入れ歯や義歯などのお世話になる事は少ないですが、高齢者のほとどんどが、「歯」に関するトラブルを抱えているのは、主に「歯周病」によって、歯茎が炎症を起こしてしまうようなトラブルが原因であると考えられています。実際に、40代以上の世代の人々の80%ほどは、既に「歯周病」を発症している状態であると言われています。では、なぜ80%ほどの人が歯周病を発症していながらも、即座に歯科クリニックなどに掛け込んで、初期治療を行わないのかと言いますと、歯周病はじわじわと症状が悪化する歯の病気であって、その初期の段階では、歯周病に侵されている事に気付く事が難しいようなのです。歯周病は何よりも、日々の正しいブラッシングと、歯科などの専門医療機関での、歯垢の除去が必要であるとの事ですから、定期的に、正しいデンタルケアを行っていれば、ある程度の歯周病は予防できるという形になりそうです。ですからアラフォー前後、もしくはアラサ―前後からの、デンタルケアは、慎重に行わなくては、歯周病に負けやすい年代であるという事を意識しておきましょう。

-Uncategorized

Copyright© お子様の大切な歯を守りたい保護者のための歯ブラシ通販サイトまとめ , 2020 All Rights Reserved.