Uncategorized

子供の乳歯と永久歯

更新日:

子どもの乳歯が生えてきたら、すぐに歯磨きを始めるべきでしょうか。乳歯が生えるのは生後8ヶ月頃とされており、初めは下の歯から生えてきます。歯が見え始めたら、すぐに歯磨きを開始して構いません。「磨く」というよりは、「歯ブラシで優しく触れる」ことを意識しましょう。あくまで歯ブラシに慣れさせることが目的です。子どもが自分でスプーンなどの物を持てるようになったときに、歯ブラシも持たせ「自分磨き」をさせましょう。上手く磨けないうちは、保護者の「仕上げ磨き」が必須です。子どもが楽しく歯磨きをする工夫を行い、歯磨きを習慣化できるようにしましょう。
乳歯が生える時だけではなく、永久歯が生えたときにも観察が必要です。歯が生え替わる時期は、乳歯が上手く抜けていない場合や、歯肉炎を起こしている場合もあります。乳歯が抜ける前に永久歯が生えてしまった場合には、間違った歯並びになりやすく、早めに処置を行わなくてはなりません。子どもの歯は毎日チェックを行い、定期的に歯科にも連れていきましょう。永久歯が生えてきたばかりの口内は、乳歯と永久歯が入り混じった歯並びになっています。そのため歯の高さがバラバラであることや、乳歯と永久歯が重なり合って生えているという状態も珍しくありません。凹凸のある歯並びですので、歯磨きにも注意をしなくてはなりません。特に生えたばかりの永久歯はまだ弱いため、歯垢がつきやすく虫歯にもなりやすいとされています。凹凸のある歯は縦に磨き、背の低い歯は歯ブラシを斜め45度から当てると磨きやすいそうです。9歳頃までは、保護者のチェックも兼ねて仕上げ磨きを行いましょう。子どもの歯の状態に合わせて、歯ブラシを買い替えていくことも大切です。

 

-Uncategorized

Copyright© お子様の大切な歯を守りたい保護者のための歯ブラシ通販サイトまとめ , 2019 All Rights Reserved.