Uncategorized

プラークコントロールのコツ

更新日:

毎日、毎食後に歯磨きをするという習慣と同じように、定期的に歯医者さんへ行くという習慣も、私たちの歯や健康にとっては非常に大切な事であると言えるのではないでしょうか。これは、むし歯や歯周病の原因となってしまうプラークの除去が、歯磨きなどのセルフケアでは完全に行われないからと言えるからです。幼い頃から歯科検診などの時、必ずと言っていいほど磨き残しや歯ブラシの動かし方について指導を受ける中で、私たちは人知れず、自分自身の歯磨きの仕方が下手だから、いつもいつも口内環境をきちんと整えることができていないのだという風に思い込んでしまうのではないでしょうか。しかし、これは間違いであると言えるでしょう。本来、プラークの除去はプロによるケアでなければ完全にはできないということがわかっているようです。それにもかかわらず、歯医者さんがなんどもなんども同じ指摘を繰り返すため、こちらとしては自分を責めてしまうといった構図に陥りがちなのは無理もないでしょう。しかし、歯医者さん側からしたら、そういったつもりはなく、きちんとしたセルフケアを行なった上で、定期的に歯科検診に来てもらい、まだ虫歯や歯周病に発展する前に、セルフケアでは取り除けなかったプラークを除去するといった、相互作用となるようなケアを目指していると言えるかも知れません。同じことを繰り返し指導されるという構図が、モチベーションを下げてしまい、またどうせ同じ指導をされるからといって、手を抜いた歯磨きをしてしまっては、それこそ本末転倒と言えるのではないでしょうか。お互いがお互いのためにできるケアを連携して行なっていくことが一番のプラークコントロールと言えるのではないでしょうか。

-Uncategorized

Copyright© お子様の大切な歯を守りたい保護者のための歯ブラシ通販サイトまとめ , 2019 All Rights Reserved.