Uncategorized

歯ブラシの選択基準

投稿日:

前述した『歯口清掃指導の手引き』では、歯ブラシの選択基準は次のように示されています。

【歯ブラシの選択基準】
1 個人の発育などに応じた、適当な形や大きさのものであること
2 刷毛は乾燥しやすく、適当な強度と弾性を持ち、先端が鋭くなく、毛束の間隔が適応なものであること
3 刷毛の長さは、一般に10mm以上あって、植込みの短辺は10mm以下、長辺は30mm以下であることが望ましい
4 植毛部の形態はストレート型が良い
5 把柄は変形、変質せず、保水性の無いものであって、握りやすく使いやすいものであること
6 外観は近代センスにマッチした、美しく魅力的であるもの
7 包装は十分に清潔な状態に保たれているものであること
把柄部の材質は耐久性があり、持ちやすく、操作性を考えると軽いものが良いと思われます。また清潔を保つために変形や変質がしにくく、非保水性の素材がいいでしょう。把持するには一部にラバーを使用したものが滑りにくくて使いやすいとされます。
また把柄部の形態は、頭部から把柄部まで直線のものが望ましいとされています。把持しやすく、安定性があるもの、鋭利な角や突起がないもの、必要によっては回転させやすいものを選びましょう。

-Uncategorized

Copyright© お子様の大切な歯を守りたい保護者のための歯ブラシ通販サイトまとめ , 2019 All Rights Reserved.