Uncategorized

矯正治療、歯列矯正

更新日:

矯正治療とは、歯そのものを動かして調整していく治療ですが、その過程において、必ず咬み合わせが変化していきます。子供の場合は適応能力にすぐれているため、そういった違和感にすぐに慣れていくようですが、成人の治療の場合は、あごの骨に柔軟性もなくなっていることから、わずかな変化にも敏感になり、違和感を抱く人が多いようです。

人によっては、微妙な咬み合わせの変化によって、肩こりや頭痛を起こすこともあるようです。歯科医は、このようなことが起こる可能性があることを、治療を始める前に、患者さんに対してきちんと説明をしておく必要があるかもしれません。

歯を矯正していくうちに、上下の歯の咬み合わせも変化していきます。歯並びがきれいに矯正された段階で、咬み合わせの折り合いが悪い場合は、歯を削って咬合調整を行うことも必要になります。

矯正治療のみ行って、自分の歯を削りたくないという理由から、咬合調整を拒否する人もいるようですが、結果的に咬み合わせの悪さが体調不良へとつながることになりかねません。

再度矯正治療のやり直しになり、治療費の負担が増えることを避けるためにも矯正治療と咬合調整を合わせて行ってもらうことが、適切な治療と言えるようです。

-Uncategorized

Copyright© お子様の大切な歯を守りたい保護者のための歯ブラシ通販サイトまとめ , 2022 All Rights Reserved.