Uncategorized

入歯の種類

更新日:

入歯は大きく分けて「部分入歯」と「総入歯」の種類が存在します。まず「部分入歯」は、失われた歯が1本以上である場合に適用となります。歯の失われた歯茎の土手の部分に入歯をのせ、周囲の歯にバネで固定して噛めるようにするという方法です。失われた歯の数が1本である場合には、通常ブリッジ治療が行われるケースが多いのですが、部分入歯を選択するという事もあります。例えば失った部分が一番奥の歯で、左右に支えとなる歯が無い場合・ブリッジ治療で左右の健康な歯を削るのは避けたい場合などで部分入歯を選択する事があるのです。一方の「総入歯」は、すべての歯が失われた場合に適応となります。義歯の下にピンク色の義歯床があり、この義歯床を歯茎の土手に乗せて吸着させるという形になります。部分入歯・総入歯ともに保険適用でつくれますが、デメリットは保険適用の入歯は義歯床の材料が限られてくるという事でしょう。味覚が損なわれたり異物感が出やすい・咀嚼能率が低いという難点があります。歯科医師の説明をしっかり聴き、費用や自身の求めるものなどをすり合わせて決めていきましょう。

-Uncategorized

Copyright© お子様の大切な歯を守りたい保護者のための歯ブラシ通販サイトまとめ , 2020 All Rights Reserved.