Uncategorized

高齢者は口が渇く

更新日:

高齢者は、服薬するお薬の種類が増えたりしますので、その副作用などから口内の乾きが増したりする傾向がみられます。お年寄りには、お茶などを飲む習慣があると思われますが、お茶は、利尿作用がある為、水分を蓄える意味では、飲料としては向いていません。そのような用途で、意図的に水分摂取をする場合は、お茶を飲む頻度を増やすのではなく、お水や、スポーツドリンクのような、イオン飲料などを飲むようにすると良いようです。だいたい1日の目安は、1000ccなどと言われていますが、個々人の体調の管理の上で、水分摂取を控えなくてはならない人もいますから、1日の水分量に関しては、主治医との相談を行うようにしましょう。水分を摂取する頻度を増やす他にも、口腔保湿剤などを用いる事で、口内乾燥を予防する方法もあるようですが、嚥下が弱まっている高齢者が使用すると誤嚥の可能性などもありますので、専門歯科医や主治医などの指示を仰ぎながら、様子をみつつ使用する事をおススメします。高齢者は、どうしても嚥下の力が弱まってきてしまうので、薬剤などを口内に使用する場合は、介護者がきちんとその様子を観察する事が必要です。口腔保湿剤などを、誤って多めに使用してしまうと、嚥下の弱まっているお年寄りにとっては、誤嚥などの危険性にも繋がってしまいます。介助者の管理のもと、薬剤の使用量や回数を適切に使用する事も大切な事です。

-Uncategorized

Copyright© お子様の大切な歯を守りたい保護者のための歯ブラシ通販サイトまとめ , 2020 All Rights Reserved.