Uncategorized

歯ブラシの流通

更新日:

平成22年に行われたある調査によると、歯科医院向け、旅館向け、輸出用を除いた歯ブラシの小売販売額の推計は435億円にもなるそうです。これを本数に換算してみると、年間に市場では3億本もの歯ブラシが一般向けに小売されていると推測されます。小売される歯ブラシのほとんどが合成樹脂毛でつくられており、天然毛は全体の1パーセント前後しかありません。輸入品としては、日本市場の10パーセント前後がヨーロッパ、アメリカ、東南アジア、中国からの輸入品になります。これに対して、歯ブラシの輸出はほとんど行われていません。
販売経路はメーカー各社多様で、販売店の大きさによっても経路が異なっています。一般消費者向けの製品と、歯科医院専用の製品との販売経路もまた異なっています。歯ブラシの品質にはどちらも違いはありませんが、歯科院用には専用的な特徴を有するものもあります。一般向けのものは、メーカーから雑貨・薬系問屋、歯科材料卸に流通し、その後、量販店、スーパー、薬局、ホームセンター、コンビニエンスストアなどで販売されます。最近では、チェーン展開している大規模なドラッグストアの比率が高まっているようです。歯科院専用のものは、メーカーから薬系問屋、特約店などから歯科医院に流通し、歯科医院で来院者に向けて販売されています。現在はインターネットやFAXなどで歯科医院が直接注文できるようにもなっています。

-Uncategorized

Copyright© お子様の大切な歯を守りたい保護者のための歯ブラシ通販サイトまとめ , 2019 All Rights Reserved.